teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Kazuo Takeda History

 投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2019年 8月21日(水)17時38分45秒
  ■竹田和夫プロフィール

■1968年8月
洪栄龍氏の後任としてビッキーズに参加。プロギタリストとなる。
1969年 「BLUES CREATION」 を結成。
「当時はシカゴ・ブルースを志向するバンドで、バターフィールド、マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス、ジュニア・ウェルズなどのナンバーが主だった。」 (K.T.)


■ BLUES CREATION、ポリドール・レコードにてデビュー・アルバムを録音する。
「デビュー・アルバムのディレクターは 松村氏。池尻大橋のポリドールスタジオで、アンぺックスの4トラックで録音。使用ギターは エルク ワイルドキャット、アンプはヴァイキング、オーバードライヴとワウはともにエーストーンだった。」 (K.T.)

■1970 8月
「この年から 所属していたプロダクションを辞めフリーになった。折からのヒッピー文化とリンクして活動が野外ロックフェスなどに変わっていった。メンバーも、大沢が戻り、バターフィールドやシカゴブルーズを中心にプレイしていた。」 (K.T.)

■ 5月 竹田は初の外国製ギター、フェンダーエスクワイアーを買う。
同じ頃、東京キッドブラザースの舞台音楽を担当した。


「この年より新宿から渋谷に拠点を移し、ジャンジャン月曜の昼・・ という 今考えるとなんと地味な時間帯だろう。ところがここで信じられない事に 東京中の若い世代のプレイヤー達が 或る人はタイバンとして又 あるいは、客として集まりだし、超がつく程の大変な盛り上がりとなった。、、」 (K.T.)


■1971年7月25日 BLUES CREATION、セカンド・アルバム「悪魔と11人の子供たち」をリリース。


■9月 カルメン・マキとの共演アルバム 「カルメン・マキ/ブルース・クリエイション」 をリリース。


■1972 春 BLUES CREATION解散。渡英


■1973年3月 内田裕也をサポート、1815Rockn'N' Roll Bandとして 内田裕也 「Rock'n Roll放送局」 をリリース。


■5月~6月
「5月から6月 バンド全員で ロンドン、パリ、デンマークと旅をする。コペンハーゲンのクラブに出演した際、クラブのマネージャーに気に入られ1ヶ月間の長期出演の申し出を受けるも、ビザの関係で断念。失意の眼差しがあてもなく行き着いた先にまだ肌寒い5月のチボリ パーク のビルボードが有り、そこには ウエスト、ブルース&レイングのアドがあった。、、モーニング デューがやたら受けた、、」 (K.T.)


■8月 米国のロック・バンド マウンテン来日公演のオープニング・アクトを務め、この時フェリックス・パッパラルディと遭遇する。

■1974年 8月1日~8月10日
「ワン・ステップ・フェスティバル」 に出演。

■1975年 6月CREATION、ファースト・アルバム 「CREATION」 をリリース。

■7月 「サマー・ロック・フェスティバル」後楽園 に出演。


■8月3日~9日
「ワールド・ロック・フェスティバル」 が内田裕也のプロデュースのもと、東京、名古屋、京都、札幌、仙台で開催される。 フェリックス・パッパラルディと共演。


■10月~12月
CREATIONのメンバーはパッパラルディとの出会いを機に、10月に渡米。マサチューセッツ州ナンタケットでのリハーサル後 ニューヨーク州ウッドストックのベァズビル・スタジオでセカンド・アルバムのレコーディングに入る。
「この時、ポール・バターフィールドと20テイク取った。」 (K.T.)


■1976年 4月 CREATIONのセカンドアルバム 「CREATION with FELIX PAPPALARDI」 をリリース。


■4月24日 CREATIONはフェリックス・パッパラルディと共に日本武道館でワンマンコンサートをおこなう。


■6月8日 USA A&Mレコードより 「CREATION FELIX PAPPALARDI」 がリリースされる。

■5月~8月
CREATION with Felix Pappalardiは全米ツアーを行ない、アトランタ、ダラス、LA、エルパソなど計20ヶ所で公演した。この時、ボブ・シガー、ピーター・フランプトン、イエス、キッス、ジョニー・ウィンターなどと競演。


■1977年 2月 後楽園サーカステントでおこなわれた 「激突三大ギタリスト」 に竹田和夫オールスターズが出演。

■3月5日
CREATION・サード・アルバム 「ピュア・エレクトリック・ソウル」 をリリース。

■ 9月
松本が脱退し、山内テツ(b)が加入。
CREATIONは竹田和夫 (g.vo.)飯島義昭 (g.)、樋口晶之(ds.)、山内テツ(b) 、上綱克彦 (key)のメンバーでリトル・リバー・バンドとのツアー ロック・タイフーン・ツアーを開始する。
10月20日/名古屋市公会堂、10月21日/大阪・厚生年金ホール、10月23日/後楽園ホール。


■ 11月その後、リトル・リバー・バンドとオーストラリア・ツアーを行なう。このツアーでフリートウッド・マック、サンタナらと共演。
11月2日/パース、11月4日/アデレート、11月6日/メルボルン、11月7日/ニュー・キャスル、11月11日~13日/シドニー。



■1981 6月~ 松田優作のツアーをバックアップする。
また、松田優作主演の映画「横浜BJブルース」の音楽 を担当した。

■7月5日
アルバム「ロンリーハート」を発表

■1982

東京音楽祭に出演 タイトロープをプレイする。


■ 9月 ロンドン メソンルージュ スタジオでソロアルバム「Sometime Blues」を録音する。参加メンバーは キンクス、アージェントのリズムセクション、シン リジーのドラムス、ゴンザレスのキーボードとベース、 80年にCREATIONに在籍していた元National Flafのギャーリーブルワー、、など


■10月
CREATION 2度目の香港公演 ACホールで3日間行う。



<折からの教科書問題で爆発物を会場に仕掛けられる。あわててお客を場外に誘導、、アナウンスしながら思った、、なんで、、?>会場の外には3000人を超すデモ隊、、代表から慇懃に文部大臣への抗議文を預かる。
<なんで俺達が、、? でもしょうがないよね、、情報が混乱していた、、
その後に記者会見でメンバーのアイ高野が流石のキャリアで当意即妙の答え、、”俺達は銃じゃなくギターと愛を持ってきた、、” 次の日の新聞一面にこれが載る。 、、、K.T.>


■1984年 10月 12年間のCREATIONとしての活動に終止符を打つ。

■1986年 8月 B.B. Kingの九州公演にサポートバンドとして参加。

■1987年 春 竹田和夫&ボーイズ・オン・ロックスとしてスタートする。

■1988 シカゴ、アトランタ、LA、など米国各都市を音楽視察、、ジャムセッションなどを行う。

■1989年LAにて マイケルジャクソンのアレンジャーによりアルバムを制作。ティトジャクソンのプライベートスタジオを使用。

■ 1990年 ゴスペル音楽に傾倒し ゴスペルの世界での活動が増えていく。
アガペイ オールスターズ、 ゴスペルオールスターズ などなど

■1995年1月 旧友 ダニサマーの香港 コロシアムのコンサートにゲスト出演する。

Tommy Chung のアルバム 「Tommy & The All Blues/Play My Blues」 をプロデュース


■1997年 3月 米国に移住


■1998年98年から2000年まで LAのブルーズバンド
"The Country Boy Ruben Blues Band"でプレイする。


■2000年 10月 99年より始めた自己のグループを率いて 香港 ACホールで ソロコンサートを行った。

■2001春 Japan Tourをこの年より再開した。
平行してLittle Kenny White Band (R&B)、Jewel & The Love (Godspel)などのグループで、サポート活動を続ける。

■2002  Tommy Chungのアルバムプロデュースを2枚担当。
Danny Summerのプロデュースを担当した。ゲストプレイヤーとして参加する。
中国本土にて2回ソロライヴを行う。 (シャンゼン・シティ)

■2004 香港野外フェスでプレイした。

同時期 ダニーサマーのコロシアムコンサートにもゲスト参加した。
■2005年 COJイベントに参加また、中国広東市の音楽祭に参加した。外国人ギタリスト賞を受賞。


2005年以降現在まで 自身のソログループの活動と並行して 2014年に復活したCREATIONでの演奏活動も
続けている。
 
 

Kazuo Takeda  Autumn Tour 2019

 投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2019年 8月21日(水)17時34分59秒
編集済
  KAZUO TAKEDA Japan Tour Autumn 2019


10 月5 日(土) 町田・成瀬 Crop
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)
※御予約、問い合わせ
Crop TEL 042-799-7551
(JR 横浜線 成瀬駅南口 徒歩6 分)
http://www.carrozza-music.jp/index.html


10 月6 日(日) 日野・豊田 バンボラ
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)
※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
(JR 中央線 豊田駅北口 徒歩10 秒)
http://blog.goo.ne.jp/banbora/


10 月11 日(金) 荻窪 ルースターノースサイド
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 1900 / Start 19:30 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(要D オーダー)
※ご予約お問合せはこちらのメールアドレスへ
bluesky.mattk@gmail.com
・件名に 10/11 予約
・お名前(カタカナ フルネームでお願いします)
・予約人数
必ず明記して送信してください。
※携帯のメールアドレスからご予約、お問い合わせの際は
【bluesky.mattk@gmail.com】からのメールを受信できるように設定を
お願い致します。
※メール受付終了後、24時間以内に確認メールを返信させて頂きます。
※御入場は来店順となります。お席の場所予約は出来兼ねます。
※御予約人数が複数で、代表予約者様と個別に御入場される場合は、
当日、受付で御予約人数分を一括精算して頂きます。
※ルースターノースサイドではご予約を受け付けておりません※
アクセスはこちらです。
http://www.ogikubo-rooster.com/north/index.html


10 月19 日(土) 平塚 SAD CAFÉ
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:00 / Start 20:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)
※御予約、問い合わせ
SAD CAFÉ TEL 0463-671-672(受付時間17:00~24:00)火曜日定休
(JR 平塚駅南口 徒歩1 分)
https://www.facebook.com/sadcafehiratsuka/


10 月20 日(日) 横浜・野毛 DOLPHY
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2 ステージ)
予約¥3,500 当日¥3,800(飲食代別)
※御予約、問い合わせ
Jazz Spot DOLPHY TEL 045-261-4542
(JR 京浜東北線・横浜市営地下鉄 桜木町駅徒歩6 分
京急 日の出町駅徒歩3 分)
http://www.dolphy-jazzspot.com/index.html


10 月26 日(土) 自由が丘 マッカートニー
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open: 18:00 / Start:19:00 (OA/BLUES CREATION)
予約¥4,000 当日¥4,500(税別・1D オーダー)
※御予約、問い合わせ (営業日18 時30 分~23 時30 分)
マッカートニー TEL 03-6421-2458
(東急東横線、大井町線 自由が丘駅北口 徒歩3 分)
http://www.ne.jp/asahi/live-bar/mccartney/


10 月27 日(日) ひたちなか Stormy Monday
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
guest/永田晴彦(Gt)
Open 18:00 / Start 18:30 (2ステージ)
予約¥4,500 当日¥5,000 (飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
Stormy Monday TEL 029-219-6838
(JR 常磐線 勝田駅東口 徒歩3 分)
https://www.fellowscompany.jp/


10 月30 日(水) 四谷 BLUE HEAT
竹田和夫(Gt)
栃原優二(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 19:00 / Start 20:00 (2 ステージ)
Charge¥3,500 DRINK\600~(minimum drink charge\1100)
※御予約はメールのみ blueheat@blueheat.jp
40 席限定のため予約優先となります。
※問い合わせ
BLUE HEAT TEL 03-3355-7799
(東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅2 番出口すぐ)
http://blueheat.jp/about.html


11 月2 日(土) 長野・諏訪市 Yakitori&Blues 橙(だいだい)
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open18:00 / Start19:00 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別)
打ち上げ¥2,000
※御予約、お問い合わせ
橙(だいだい) TEL:0266-52-5011
https://www.facebook.com/bluesdaidai/


11 月10 日(日) 新潟県
糸魚川


11 月13 日(水) 三軒茶屋 グレープフルーツムーン
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open: 18:00 / Start:19:00 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別)
※ご予約、お問い合わせ
グレープフルーツムーン TEL 03-3487-8159
(東急田園都市線、世田谷線 三軒茶屋駅北口 徒歩5 分)
http://grapefruit-moon.com/


11 月17 日(日) 横浜・関内 STORMY MONDAY
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(税別・2 オーダー飲食代別)
※御予約、問い合わせ
STORMY MONDAY TEL 045-664-2085
(JR 根岸線 関内駅南口 徒歩4 分)
http://www.stormymonday.jp/


11 月23 日(土) CREATION 原宿 クロコダイル
CREATION
竹田和夫(Gt Vo)
ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 高木貴司(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
Open 18:00 / Start 19:30
予約¥4,500 当日¥5,000(税・飲食代別)
※御予約、問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
(各線渋谷駅徒歩8 分 JR 山手線 原宿駅徒歩5 分 東京メトロ 明治神宮前駅徒歩5 分)
http://www.crocodile-live.jp/


11 月27 日(水) 蒲田ぶらぶら
竹田和夫(Gt)
五十棲千秋(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
KAMATAぶらぶら TEL 03-6428-6421
(JR京浜東北線 東急池上線、多摩川線 蒲田駅西口 徒歩2分)
kamataburabura.wixsite.com/topsite
https://www.facebook.com/kamata.burabura/




11 月30 日(土) 日野・豊田 バンボラ
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)
※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
(JR 中央線 豊田駅北口 徒歩10 秒)
http://blog.goo.ne.jp/banbora/




12 月3 日(火) 町田 まほろ座
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:30 / Start 19:30 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(別途2オーダー)
※御予約、問い合わせ【10月1日~受付】
・プレイガイド:Livepocket(10/1 12:00~12/3 0:00)
 https://t.livepocket.jp/e/191203
・電話予約
 まほろ座MACHIDA(10/1 16:00~12/2 19:30)
 TEL 042-732-3139(16:00~19:30)
 E-MAIL / ticket@mahoroza.jp
(小田急線 町田駅西口改札 徒歩2分
 JR 横浜線 町田駅中央改札 徒歩3分)
http://www.mahoroza.jp




12 月6 日(金) CREATION 横浜 セブンスアベニュー
※詳細、ご予約方法後日発表!


12 月9 日(月) 西荻 テラ
<Tour Final >  千秋楽打ち上げJamパーテイ
Kazuo Takeda&Friends
Open 18:00 / Start 18:30
Charge¥3,800(税込 飲食代別 当日ご来場順入場)
※御予約、問い合わせ
Terra TEL 03-3395-7611
(JR 中央線 西荻窪駅北口 徒歩2 分)
http://www.wood-corp.com/terra/


すべての会場におきまして、いかなる機材による動画撮影、
録音行為は一切禁止とさせて頂きます。
また、会場で他のお客様を故意に撮影される等の迷惑行為は禁止です。
撮影時やSNS 等へのアップ等のトラブルにつきましては、
弊社では一切の責任を追えません。
皆様のご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
◆CREATION 竹田和夫 web
http://eliotnescafe.wixsite.com/creation-web
◆Blue Sky Music WEBshop
http://blueskymusic.shop6.makeshop.jp/
◆公式Twitter 竹田和夫ファンサイト
@bluesky_mattk
 

秋のスケジュールが出ました。

 投稿者:Nighthawk  投稿日:2018年 9月19日(水)08時12分2秒
編集済
  Autumn Tour 2018  投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2018年 9月18日(火)23時25分25秒 編集済
Autumn Tourのスケジュールが出ました!
未定の詳細は決まり次第、更新します。
皆さま、今回もよろしくお願い致します。


竹田和夫
Autumn Tour 2018



10/21 (Sun)  【EXPERIENCE PRS in JAPAN】
     More Details TBA



10/25 (Thu)  原宿 クロコダイル
CREATION
竹田和夫(Gt Vo)
ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 高木貴司(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
Open 18:00 / Start 19:30
予約¥4,500 当日¥5,000(税・飲食代別)

※御予約、問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/



10/28 (Sun) 日野・豊田 バンボラ
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



11/3 (Sat)    横浜・関内 STORMY MONDAY
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(税別要2オーダー)

※御予約、問い合わせ
STORMY MONDAY TEL 045-664-2085
http://www.stormymonday.jp/



11/4 (Sun)   町田・成瀬 Crop
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:00 / Start:19:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Crop TEL 042-799-7551
http://www.carrozza-music.jp/index.html



11/7 (Wed)  蒲田 CATFISH TOKYO
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
CATFISH TOKYO TEL03-6424-7531
http://www.catfishtokyo.net/



11/10 (Sat)  長野・諏訪市 Yakitori&Blues 橙
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open: 18:00 / Start:19:00 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
橙(だいだい) TEL:0266-52-5011
https://www.facebook.com/YakitoriandoburuzuShiTangDaidai/



11/12 (Mon)  横浜市南区 吉野町市民プラザ
スーパーギタークリニック Vol.3 ~竹田和夫~
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:30 / Start 19:00
料金¥3,500(全席自由)

※詳細、御予約
吉野町市民プラザ TEL: 045-243-9261
http://www.yoshinoplaza.jp/2018/11/vol3.html



11/18 (Sun)  野毛 DOLPHY
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥3,800(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Jazz Spot DOLPHY TEL 045-261-4542
http://www.dolphy-jazzspot.com/index.html



11/25 (Sun) 平塚 SAD CAFÉ
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 18:00 / Start 20:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
SAD CAFÉ TEL 0463-671-672(受付時間17:00~24:00)火曜日定休
https://www.facebook.com/sadcafehiratsuka/



11/27 (Tue)   荻窪 ルースター ノースサイド
【Blue Sky Music Presents】
   More Details TBA
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 高木貴司(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30



11/30 (Fri) CREATION 横浜 セブンスアベニュー
CREATION
竹田和夫(Gt Vo)
ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 高木貴司(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
Open 18:30 / Start 19:00 (OA ミスティックウオーターズ)
予約¥5,000 当日¥5,500(+1D¥500)

※御予約、問い合わせ
9月28日金曜日14:00よりセブンスアベニューで電話予約開始(045-641-2484)
1回の電話で3枚まで可 9月29日より14:00~21:00で毎日受付
http://www2.big.or.jp/~7th/contents.html



12/2 (Sun)  鎌倉 ユニヴァイブ
竹田和夫(Gt)
相良PASSAN宗男(Dr) 栃原優二(Bass)
Open 18:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
ユニヴァイブ TEL 0467-67-8458
http://univibe.jp/



12/5 (Wed)  四谷 BLUE HEAT
竹田和夫(Gt)
相良PASSAN宗男(Dr) 栃原優二(Bass)
Open 19:00 / Start 20:00 (2ステージ)
Charge¥3,000 DRINK¥600~
(minimum drink charge¥1100)

※御予約はメールのみ  blueheat@blueheat.jp
40席限定のため予約優先となります。
※問い合わせ
BLUE HEAT TEL 03-3355-7799
http://blueheat.jp/about.html



12/7 (Fri)  タルマッシュ ゲスト出演
   More Details TBA



12/9 (Sun)  日野・豊田 バンボラ
竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



12/11 (Tue) CREATION 原宿 クロコダイル
CREATION
竹田和夫(Gt Vo)
ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 高木貴司(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
Open 18:00 / Start 19:30
予約¥4,500 当日¥5,000(税・飲食代別)

※御予約、問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/



12/13 (Thu) 西荻 テラ
<Tour Closing Live Party jam>
Kazuo Takeda&Friends
Open 18:00 / Start 18:30
Charge¥3,800(税込 飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、問い合わせ
Terra TEL 03-3395-7611
http://www.wood-corp.com/terra/



すべての会場におきまして、
いかなる機材による動画撮影、
録音行為は一切禁止とさせて頂きます。
また、会場で他のお客様を故意に撮影される等の迷惑行為は禁止です。
撮影時やSNS等へのアップ等のトラブルにつきましては、
弊社では一切の責任を追えません。

皆様のご理解ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。


【CREATION 竹田和夫 web】
http://eliotnescafe.wixsite.com/creation-web
【Blue Sky Music】
http://blueskymusic.shop6.makeshop.jp/
【公式Twitter 竹田和夫ファンサイト】
 

夏のツアー

 投稿者:Nighthawk  投稿日:2018年 7月20日(金)10時09分40秒
  2018/8/11(Sat) 日野・豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



2018/8/12(Sun) 平塚 SAD CAFÉ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 18:00 / Start 20:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
SAD CAFÉ TEL 0463-671-672(受付時間17:00~24:00)火曜日定休
https://www.facebook.com/sadcafehiratsuka/



2018年8月16日(木) 原宿クロコダイル 【竹田和夫ゲスト出演】
Guitarist TOMOKO @CROCODILE_TOKYO

開場18:00/開演19:30
前売券¥4,000(外税・飲食別途)
TOMOの会 ¥3,500/当日券¥4,500
スペシャルゲスト:竹田和夫(クリエイション)
出演:Gt&Vo TOMOKO/Bass 栃原優二/Drums 相良パッサン宗男

原宿クロコダイル
〒150-0001 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
Tel: 03-3499-5205
http://crocodile-live.jp/

沢山の皆様のご来場、心よりお待ちしております!
※ファンクラブ「TOMOの会」の方は必ずホームページよりお申込み下さい。



2018/8/18(Sat) 荻窪 ルースター ノースサイド

50th Anniversary Event!

この夜は50周年を記念してのイベントです。 これまでの歴史を振り返ってミニトークショー、 ミニギターレッスン会、 50周年記念音源と記念グッズの販売、皆で楽しめる夜にしたいと思います。 サプライズゲストの登場も期待しましょう。




竹田和夫 (Gt Vocal )


高木貴司(Dr) 栃原優二(Bass)
Open 1900 / Start 19:30 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(要Dオーダー)

※ご予約お問合せはこちらのメールアドレスへ
bluesky.mattk@gmail.com
・件名に 8/18予約
・お名前(カタカナ フルネームでお願いします)
・予約人数
必ず明記して送信してください。
※携帯のメールアドレスからご予約、お問い合わせの際は
【bluesky.mattk@gmail.com】からのメールを受信できるように設定を
 お願い致します。
※メール受付終了後、24時間以内に確認メールを返信させて頂きます。
※御入場はご来店順となります。お席の場所予約は出来兼ねます。
(御入場時間によっては、立ち見になる場合もございます。
 予めご了承ください)
※御予約人数が複数で、代表予約者様と個別に御入場される場合は、
当日、受付で御予約人数分を一括精算して頂きます。

【ルースターノースサイドではご予約を受け付けておりません】
 アクセスはこちらです。
http://www.ogikubo-rooster.com/north/index.html




2018/8/19 (Sun) 横浜・関内 STORMY MONDAY

竹田和夫(Gt)
相良PASSAN宗男(Dr) 栃原優二(Bass)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(各税・飲食代別)

※御予約、問い合わせ
STORMY MONDAY TEL 045-664-2085
http://www.stormymonday.jp/



2018/8/23(Thu)  モーション・ブルー・ヨコハマ

CREATION

竹田和夫(Gt Vo)
ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 高木貴司&米元美彦(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)

※詳細後日発表



2018/8/25 (Sat) 川崎・元住吉 Powers2

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:30 (OA/BLUES CREATION)
予約\3,000 当日\3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Powers2 TEL 044-455-0007
http://www.powersbar.com/powers2/



2018/8/26(Sun) 鎌倉 ユニヴァイブ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男
Open 18:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
ユニヴァイブ TEL 0467-67-8458
http://univibe.jp/




2018/8/30 (Thu) 原宿 クロコダイル

CREATION

竹田和夫(Gt Vo)
ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 高木貴司&米元美彦(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
Open 18:00 / Start 19:30
予約¥4,500 当日¥5,000(税・飲食代別)

※御予約、問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/



2018/9/3 (Mon) 西荻 Terra

<Tour Closing Live Party jam>
Kazuo Takeda&Friends
Open 18:00 / Start 18:30
Charge¥3,800(税込 飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、問い合わせ
Terra TEL 03-3395-7611
http://www.wood-corp.com/terra/

 

Re: ギターケーブルは、、

 投稿者:kaz野中  投稿日:2017年 1月12日(木)20時06分46秒
  ありがとうございました。

僕も今、短いケーブルをいろいろ試して居ます。

いろいろ試して、プロビデンスの3mが音量、音色も気に入ってるんですが、兼ねてから気になって居たCAJ(カスタムオーディオジャパン)の2mをオーダーしたんですけど、凄く柔らかくって、軽くて取り回しは最高なんです。でも、プロビデンスに比べると音量、音色の太さはイマイチでちょっと音が軽いんですよね。

う~ん…難しいですねぇ(笑)

ありがとうございました。
 

ギターケーブルは、、

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2017年 1月12日(木)19時52分59秒
  僕も一時期色々試しました。で、今は日本では移動のときに 身軽に移動したいと言うのもありまして
軽いということも大事な要素になります。ということで、GeorgeLsが多いです。

あと、長さもライブハウスではそれほど長いものはいらない、しかし、やや大きなショーのときはそれなりに必要なので、予備も入れて何種類を数本持っていく時が多いです。


軽いものとしては George Lsの細い方です。 これの12ft(3.6m)です。
あとは モンスターJazzが一番好きな音だけど、大変重いのでモンスターは軽めも入れて3種類使っています。 ベルデンも使います、その他アメリカではMogamiがとてもポピュラーです。 モガミも比較的軽いです。長いのは7mを持っていきます。

まとめると、 George Ls、 モガミ、 モンスター、ベルデンなどを用途別に使ってます。

他にも良いケーブルは沢山ありますね。 安くてもとても良いものもあります。
反面、値段が高くても好きな音では無いものもありますしね。

このリンクのところに行くとアメリカで手軽に買えるとても良いケーブルがいっぱい出ています。

参考程度にしてください。
http://www.musiciansfriend.com/instrument-cables
 

シールド

 投稿者:kaz野中  投稿日:2017年 1月12日(木)19時01分10秒
  最近、いろんなシールドを比べる機会がありまして…知らなければ知らないで、そのまま手持ちのもので気にもしなかったのに、知ったら知ったで、気になって仕方なくなってしまいました(笑)
竹田さんは最近日本に来られる時、どんなシールドをお使いなのですか?ご教示下さい。
 

ないとほーくさん

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2016年12月14日(水)00時40分49秒
  シンプルかつとても大切なことをおしえていただきましたThankssomach

おおきに
 

くいっくはんどさん

 投稿者:Kazuo Takeda  投稿日:2016年12月13日(火)03時48分53秒
  こんにちは
基本的に弾きやすさとTONEです。
TONEは自分の好きな音という意味です。
だいたい多くの人に好まれる音というのは変な音ではないですよね。
かといって それ以外はだめというのではないですけど、、。
まあ、音は活字でなかなかかけませんけど、良い音、気持ちの良い音、聞いていて
弾いていて ずっと弾いていたくなるような音、 ずっと聞いていたくなるような音、という感じですね。
ギター自体の銘柄、あるいはなんとかはなんとかじゃないと、、というようなこだわりは僕は一切綺麗さっぱりないです。

弾いてなんぼ、音聞いてなんぼですね。 値段や年式 形や部品にこだわりが有るということはないです。

http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web#!contact/c20x9

 

ハンドメイドギター

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2016年12月12日(月)23時40分55秒
  要はないとほーくさんが使用されるいろんなタイプのギターに興味があるのですが
どのような点に魅力を感じて使用されていますか・
 

ハンドメイドギター

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2016年12月10日(土)21時38分44秒
  ボデイのいろが白と黒のギタ-と白のテレチャスタイプのギターは工房製ですか
もし工房製でしたらそれぞれの意見をおうかがいしたいのですが
それぞれの製作者のかたの音のこだわりや独自の音を追求されているのかなあ
と思うのですが
 

THE TOKYO DRIVING GUITARS

 投稿者:Kazuo Takeda  投稿日:2016年10月31日(月)21時09分15秒
  今週の金曜日原宿のクロコダイルでCREATIONのライブがあります。 この秋のツアーではCREATIONでのライブはこの一回だけです。 次は来年ですね。

そして、この夜は特別にオープニングアクトとして僕のギターの弟子たち4人でクロコダイルのサポートタイムを盛り上げてくれるということで これも一体どんな展開になるのか?どういう時間になるのか?と 興味津々です。

沢山の素晴らしいギタリスト達と縁があって師弟関係を持っていますが今回はその中から、

ジョニー犬塚
スパイダー千田哲彦
サミー中村
Tomoko

この4人が参加します。 ALL STARですね。

この企画はBlue Sky Musicのマット小西氏から出たもので僕もとても興味深く見守っていました。
楽しみですよ。

Mat Konishi Presents
The Tokyo Driving Guitars

これがオフィシャルなタイトルですね。 かっこいいなあ、、、。

この話を聞いて僕は勝手にこのユニットにThe Tokyo Driving Guitarsという名前をつけてみました。 でも実はこの名前は僕にとってとても大事でそしてストーリもあります。少し説明してみます。

あれは14,5年前かな、2002年2003年頃です。LAのノースハリウッドにあるMacredsというクラブで僕は自分のグループKTQ (Kaz Takeda Quartet)で毎週水曜日にJazz&Bluesのジャムナイトのホストをしていました、そのジャムナイトはその後場所を変えて同じくノースハリウッドのノーホー近くにあるMichaelsという別のクラブに移って結局、数年続きました。 現地LAでも大成功例のPro Jamの一つだったと思っています。

このJamNightには沢山ミュージシャンが来てくれて いわいるOnly Music Rules、音楽が本当に中心でそれ以外のこと、例えば宣伝をしようとか、社交の場として遊びに来るとか、はたまた受けようとか、(笑)そういうものとは全く無縁でした。虎の穴のような、プロレス道場ならぬ、音楽の道場のような空間でした。

ここに集まった常連のギタリストの中に何人か日本人プレイヤーもいて そういう仲間とギター・オーケストラをやれたらな、という構想が僕の中にありまして、それが実現出来たら名前は絶対にThe Tokyo Driving Guitarsとつけたい、と思っていました。アメリカで日本人ギタリストということをさり気なく、ちょっとだけ主張したい、そんな思いを込めたタイトルです。

ドラマーも切れ味鋭いプレイヤーが多数いたので、そのお店にドラムセットを3台セットして、ドラムバージョンでのそれは実現しましたけど、ギターは結局あらたまってはやらなかったですね。毎週白熱してそれどころじゃなかったようにも思います。

勿論現地のプレイヤーも様々なミュージシャンが参加していました。フランク・ザッパのバンドのメンバーとか、日本にも多分こないだ来たジョッシュ スミスという若者もちょうどフロリダからLAに出てきたばかりで、このJamに何回か来てました。 カントリーとJazzを混ぜてBluesで締めたような(笑)アメリカンギターでしたね。このJamの常連の一人だった前出のサミー中村くんはこのジョッシュくんをかなりライバル視していたと言っていましたが、、まあ、カリフォルニアのギターシーンは沢山上手なプレイヤーがジャンルを超えていますから、とても刺激があって楽しかったです。

まあ、そういったストーリーがこのThe Tokyo Driving Guitarsには有るという話でした。 ちなみにDriving Guitars(S入れてくださいね、笑)はもちろん僕達Class Of ’65がギター初めて弾くきっかけになったThe VenturesのNokie Edwardsさんによる同名の名曲から尊敬の意味を込めてつけてあります。

今回参加の4名はギタースタイルは少しずつ違うけど、根底のギターを弾く気持ちは共通のものがあるんじゃないかなと思っています。そう、ギターは気持ちを込めて弾く。Soulですね。

何はともあれ、クロコは前回の六本木EXシアター以来の久しぶりのCREATIONのライブ 今回の秋のツアーではこのクロコダイルでの一回のみです、今回はツインドラムという設定で80年代初期のいわいるクリエーション時期(ロンリー・ハート時期)のサウンドセッテイングという風にトライしてみようかと思っています。 ちょと宣伝です。

来春まで最後のCREATION LIVE今回はそれに加えて、THE TOKYO DRIVING GUITARSのセットも見逃せませんね。 次は僕も入って練りに練ったギターショーを一度やってみたいですね。その時は皆さん、宜しくです!

11月4日金曜日 原宿クロコダイル  待っていますよ!!!


http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web#!contact/c20x9

 

Autumn Tour 2016

 投稿者:Kazuo Takeda  投稿日:2016年10月31日(月)20時23分18秒
  秋のツアースケジュールです。

http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web#!contact/c20x9

 

2016 Spring Tour

 投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2016年 1月31日(日)12時48分2秒
  フライヤーです。  

2016春のツアースケジュール

 投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2016年 1月27日(水)23時28分18秒
編集済
  KAZUO TAKEDA Japan Live Tour 2016
(2016/1/27現在 追って更新させていただきます)



2016/3/5 (Sat) 豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/




2016/3/6 (Sun) 町田・成瀬 Crop

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open:19:00 Start:20:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Crop TEL 042-799-7551
http://www.carrozza-music.jp/index.html




2016/3/11(Fri) 原宿 クロコダイル

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN 宗男(Dr) 米元美彦(Per)
guest/追って発表させて頂きます

Open 18:00 / Start 19:30
予約¥4,000 当日¥4,500(税・飲食代別)
※御予約、問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/




2016/3/13 (Sun) 横浜・関内 STORMY MONDAY

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
STORMY MONDAY TEL 045-664-2085
http://www.stormymonday.jp/




2016/3/18(Fri) 神戸 CHICKEN GEORGE

竹田和夫(Gt ) 大森成彦(Bass) 高阪照雄(Dr)
Open 18:00 / Start 18:30 (OA/ハイマーズ)
予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
CHICKEN GEORGE TEL 078-332-0146
http://www.chicken-george.co.jp/index




2016/3/19(Sat) 大阪 ANOTHER DREAM

竹田和夫(Gt ) 大森成彦(Bass) 高阪照雄(Dr)
Open 17:30 / Start 18:00
(OA/AKIKO KELLY With 山口マリ and ハイマーズ)
予約¥3,500 当日¥4,000(要1Dオーダー)

※御予約、問い合わせ
ANOTHER DREAM TEL 06-6211-5759
http://www.an-dream.com/




2016/3/20(Sun) 京都 RAG

竹田和夫(Gt ) 大森成彦(Bass) 高阪照雄(Dr)
Open 18:00 / Start 18:30 (OA/ハイマーズ)
前売¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
RAG TEL 075-255-7273
https://www.ragnet.co.jp/livespot/




2016/3/21(Mon) 和歌山 OLD TIME

竹田和夫(Gt ) 大森成彦(Bass) 高阪照雄(Dr)
Open 18:30 / Start 19:00 (OA/ハイマーズ)
前売¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
OLD TIME TEL 073-428-1950
http://www.first-take.co.jp/oldtime/main.cgi




2016/3/24(Thu)
EX THEATER ROPPONGI PRESENTS
【外道 X CREATION】

ジャパニーズロックの黎明期から現在まで活躍を続ける
二大ロックバンドが激突!

外道:加納秀人(Gt,Vo)そうる透(Dr,Vo)松本慎(Bass,Vo)

CREATION
竹田和夫(Gt,Vo)樋口晶之(Dr)
ヒロ小川(Bass)/ミック三国(Key)
Juliettes<小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)>
米元美彦(Per)


日時 2016年3月24日(木)
開場 18:00
開演 19:00
終演 22:00(予定)
会場 EXシアター六本木 東京都港区西麻布1-2-9
http://www.tv-asahi.co.jp/ex-theater/

全席指定6,500円(税込) ご入場時別途ドリンク代500円
・主催 テレビ朝日
チケットぴあ0570-02-9999  Pコード:280-235
イープラス
ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:78168
※問い合わせ HOT STUFF 03-5720-9999




2016/3/27 (Sun) 長野・諏訪市 Yakitori&Blues 橙(だいだい)

竹田和夫 (Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open: 17:00 / Start:18:00 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
橙 TEL 0266-72-9001(1月31日以降は店舗リニューアルのため、異なる電話番号となります)
https://www.facebook.com/YakitoriandoburuzuShiTangDaidai




2016/4/2(Sat) 所沢 SOUND STONE

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 18:00 / Start 19:30 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、問い合わせ
SOUND STONE TEL 04-2926-1107
http://soundstone.jp/




2016/4/3(Sun) 山梨 サウンドビレッジ
※詳細は追って発表させていただきます。




2016/4/5(Tue) 四谷三丁目 BLUE HEAT

竹田和夫(Gt) 栃原優二(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 19:00 /Start 20:00 (2ステージ)
Charge¥3,000(飲食代別)

※御予約はメールのみ  blueheat@blueheat.jp
40席限定のため予約優先となります。
※問い合わせ
BLUE HEAT TEL 03-3355-7799
http://blueheat.jp/about.html




2016/4/9(Sat) 横浜・野毛 DOLPHY

竹田和夫(Gt)ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥3,800(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Jazz Spot DOLPHY TEL 045-261-4542
http://www.dolphy-jazzspot.com/index.html



2016/4/10(Sun)  竹田和夫 ゲスト出演
札幌ジャスマックプラザザナドゥー
<TOMOKO&FantasticBlue Live in Sapporo>

開場18:00/開演19:00
前売り ¥4,000 (飲食別途)
TOMOの会¥3,500/当日¥4,800
ゲスト:竹田和夫 (Gt)
出演:TOMOKO&Fantastic Blue
Gt&Vo TOMOKO/Dr 相良ぱっさん宗男/Key 信田和雄/
Bass 杉田孝弘/Perc 米元美彦
札幌ジャスマックプラザザナドゥー
〒064-8533 札幌市中央区南7西3
Tel: 011-551-3333
http://www.zanaedu.jp/
【お問合わせ】
TET'S corporation TOMOKO係
TEL.03-6869-8840 (平日12時~18時)



2016/4/16 (Sat) 名古屋 B L café(Bottom Line 1F)

竹田和夫(Gt)ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 18:30 / Start 19:30 (2ステージ)
前売・予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、お問い合わせ
Bottom Line TEL:052-741-1620
http://www.bottomline.co.jp/index.html




2016/4/17 (Sun) 豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/




2016/4/24 (Sun) 原宿 クロコダイル

CREATION
竹田和夫(Gt) 樋口晶之(Dr) ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
米元美彦 (Per)
Open 18:00 / Start 19:30

予約¥4,000 当日¥4,500(税・飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/index2.html



2016/4/27 (Wed) 西荻 Terra
※詳細は追って発表させていただきます。

2016/5/2(Mon) 会津 T.B.A
※詳細は追って発表させていただきます。

2016/5/3(Tue) 郡山 T.B.A
※詳細は追って発表させていただきます。

2016/5/4(Wed) いわき THE QUEEN
※詳細は追って発表させていただきます。

2016/5/5(Thu) ひたちなか Stormy Monday
※詳細は追って発表させていただきます。




2016/5/8(Sun)  川崎 Powers2

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (OA/野地義行&BLUES CREATION)
予約¥3,000 当日¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Powers2 TEL 044-455-0007
http://www.powersbar.com/powers2/




2016/5/11(Wed) 西荻 Terra
<Tour Closing Live Party jam>
Kazuo Takeda&Friends

Open 18:00 / Start 18:30
Charge¥3,500(飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、問い合わせ
Terra TEL 03-3395-7611
http://www.wood-corp.com/terra/




2016/5/15(Sun) 横浜 セブンスアベニュー

竹田和夫 ゲスト出演
※詳細は追って発表させていただきます。




2016/5/18(Wed) クロコダイル

竹田和夫 ゲスト出演
<2016 TOMOKO Birthday Live>
開場18:30/開演19:30
前売券¥3,500(外税・飲食別途)
TOMOの会 ¥3,000
当日券¥4,000
ゲスト:竹田和夫 (Gt)
出演:TOMOKO&Fantastic Blue
Gt&Vo TOMOKO/Dr 相良ぱっさん宗男/Key 信田和雄/
Bass 杉田孝弘/Perc 米元美彦
原宿クロコダイル
〒150-0001 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1/ Tel: 03-3499-5205
http://crocodile-live.jp/
【お問合わせ】
TET'S corporation TOMOKO係
TEL.03-6869-8840 (平日12時~18時)


※すべての会場におきまして、
いかなる機材による動画撮影、録音行為は一切禁止とさせて頂きます。
皆様のご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
Blue Sky Music
http://blueskymusic.shop6.makeshop.jp/
 

ギターソロ

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2015年12月28日(月)07時39分11秒
  ギタ―プレイにおける新鮮なインスピレーションを得るためにこころがけていることとか
なにかされていることはありますか?
 

ないとほーくさん

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2015年12月28日(月)07時33分23秒
  ありがとうございました
 

くいっくはんどさん

 投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2015年12月11日(金)00時08分19秒
  まったくお書きになったとおりです。 キー、テンポ、リズムパターン、この3つは決めますね。
あとは、勿論 知っている曲ならその曲のコード進行が共通の決めごととなります。
わりと 自由ですよ。

http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web#!contact/c20x9

 

ジャムセッション

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2015年12月 9日(水)22時48分11秒
  プロのジャムはどのようなかんじでされますか共通で知っている曲をしたりたとえばブル―ズですとキイとテンポとリズムだけきめてソロを回しあいをしたりとかそのときの状況や気分でかわっていくものなのでしょうかやる音楽のジャンルによってもちがいますかジャズソウルロックなどです
 

12月2日のフライヤーです。

 投稿者:Blue Sky Music  投稿日:2015年11月18日(水)23時57分43秒
  皆さん 待ってますよ。

http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web#!contact/c20x9

 

訃報とお別れ会のお知らせ

 投稿者:竹田和夫  投稿日:2015年 9月 2日(水)10時19分28秒
  訃報ならびにお別れの会のお知らせ


竹田ミミ 儀(竹田和夫氏ご令姉)は、かねてから療養中のところ、
去る2015年8月18日、永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。
葬儀は親族のみにて相営まれました。

なお、「お別れの会」につきまして下記のとおり、キリスト教式にて執り行う予定ですので、あわせてご案内申し上げます。


            記
親族代表  竹田和夫
日時     2015年9月24日(木)19時~23時
場所       荻窪ルースター ノースサイド
      http://ogikubo-rooster.com/north/index.html
東京都杉並区上荻 1-24-21 協立第51ビル B1
※JR荻窪駅北口より青梅街道を左(田無方面)に向かって徒歩5分、
杉並公会堂より4軒目、自然食品店「ころ」の地下



ご来臨の節は上記ご案内のご都合のよい時間に平服にてお越し下さいますようお願い申し上げます。

勝手ながら近親者の心中を鑑み、自宅への弔問は固くご辞退させて頂きます。


 

蘇れ’70サウンド

 投稿者:TOBACCO ROAD  投稿日:2015年 9月 2日(水)00時32分41秒
  ’78-’79と渋谷屋根裏CREATIONの当時、
VESSER&GRECO LESPAUL&NON EFECTERの太いサウンドの不思議が
いまだに解明されず今日に至り(そろそろ知りたいなぁ~)。
アンコールSTORMY MONDAY!
CREATIONはJAM SESSION BANDだなと再認識。今でも。
ALLMAN BROTHERSであった。
まとまりまったくないですが、最近気になるギタリストでDEREK TRUCKS
ってTAKEDAさんとはややタイプ違いますが未来を感じちゃいます。
 

Happy New Year 2015

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2015年 1月 2日(金)11時22分20秒
  皆さん 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
2015
 

ないとほーくさん

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2014年11月 1日(土)23時58分21秒
  どうもありがとうございました  

Georgia

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年10月29日(水)14時39分4秒
  基本的に レイチャールズのコード進行です。 ざっと書いておきますね。

[  G   [ F#m7b5 / B7 [  Em/ D bass [ c7  [  Bm / E7 [ Am / D7 [  1.   Bm / E7 [   Am / D7  :]]

[ 2.    G  / C7  [  G  / B7  }

サビ

[  Em / Em+[ Em7 / Em6 [ Em / Em+ [ Em7 / A13 [
[  Em / Em+ [ Em7 /  F#7 [  Bm / E7 [ Am / D7 [

[ G    [ F#m7b5 / B7  [  Em / D Bass [ C#m7b5 / Cm6 [  Bm7 / E7 [  Am7 /D7  [  G / C7 [ G / D7  ]]

こんな感じが元です。 ベースとDuoのときはこれに代理コードを加えたりします。 たとえば最後の4小節を

「Bm7 / Bb7 /  Am7 Ab7 [ のように変えたりです。

参考にしてください。
 

アレンジのことで

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2014年10月29日(水)03時44分33秒
  カバーでプレイされていたジョージアオンマイマインドはどのようなコード進行でプレイされていたのですか
すごくきれいな流レのアレンジですね。
 

追伸

 投稿者:N荻  投稿日:2014年 5月24日(土)22時54分40秒
  (ギターと関係のない話でしたね、、失礼ww)  

ファッションは?

 投稿者:N荻  投稿日:2014年 5月24日(土)22時46分12秒
  そ、それは、ないとさんのファッションセンスがよすぎるんですよ、多分ww
(いつか聞こうって思ってました、ないとさんのファッションセンスはどうやって磨いたんですか?ってw)
((サリーさん、話に割り込んでスミマセンでしたw))
 

ありがとうございました

 投稿者:トーキョーサリー  投稿日:2014年 5月 6日(火)10時46分24秒
  ご回答頂きまして、ありがとうございます。リッチーブラックモアの名前が挙がり、ジミヘンの名前がなかった点に、少し驚きました。ジェフベックのファッションについては、私も竹田さんと全く同じ気持ちです。昔は、すごくシンプルだったのに、一体どうしちゃったのですかね。今回も、せめてライン入りのパンツを履かないで欲しかったです。  

トーキョーサリーさん

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年 5月 4日(日)20時09分49秒
  それは若い頃はずいぶん聞いてましたよ。大好きなギタリストでした。 エリッククラプトン、ジェフベック、マイク・ブルームフィールド、この3人が僕の10代のギター・ヒーローでしたからね。 その前はノーキーエドワーズの影響でギターを弾くことの基本的な部分を学びましたね。 だから実はノーキーさんのそういう意味の影響は大きいのでしょうね。
でもやはり青春時代はイギリスのギタリストが大好きでしたね。 アメリカの白人プレイヤーはほとんど影響は受けなかったです。 強いて言うと マイクピネラ、ジムマッカーシー、くらいですね。 イギリスのプレイヤーは他ではリッチーブラックモア、ロリー・ギャラガー、ロビントローワー、ピーター・グリーン、ピートヘイコック、マーテインバレ、とかが好きでしたね。 黒人ギタリストはBB KING, Freddie KING 、Albert King, Albert Collins,とかが好きでしたね。 Otis Rush好きでした。 バデイガイはJRウエルズとやっていた頃の1,2枚は好きでしたが後年合う機会があって非常にいやな人だったのでそれ以来は嫌いですね。

その後Jazzギタリストをメインに聞くようになって久しいです。 そうは言ってもたくさんの人が好きなわけじゃないですね。 現在はほんの数人くらいでしょうか。 上に上げた十代に好きだった人たちのプレイ葉もう長いこと聞いていませんね。 むしろだいじにその頃の思い出とともにしまっておきたい、そういう感じでしょうか。

ジェフベックに戻りますが、彼の最近のプレイはYoutubeとかで2年に一回位は見ることもありますが、ムーンリバーはとても素敵でした。 残念なのは服のセンスがかなり悪くなってきているということですが、まあ、それはしょうが無いですね(笑)デモあの被り物だけはいらないんじゃないかと常々想ってはいるのですが、、。

http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web

 

ジェフベック

 投稿者:トーキョーサリー  投稿日:2014年 4月19日(土)23時32分34秒
  こんばんは。先日、ジェフベックのライブを観て来ました。ファンタスティックかつスリリングなステージで、非常に感激しました。以前、出版された、ジェフベックの教則ビデオで、竹田さんは、弾いていらっしゃいますが、竹田さんも、ジェフベックには、何かしら影響を受けたのでしょうか?ギターの奏法のテクニカルな点とか、具体的なポイントがございましたら、教えて頂けませんか?  

New CD Is Coming Soon

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年 4月18日(金)17時18分18秒
  新しいCDが発売されます!

http://http://eliotnescafe.wix.com/creation-web

 

ありがとうございます。

 投稿者:kaz  投稿日:2014年 3月26日(水)07時29分36秒
  この間、竹田さんが愛用されて居られると言うことでJA-15を試奏させて貰って来ました。凄く良かったです。フルアコ構造なのにオーバードライブさせても凄く良いんですね~クリーンはやはり素晴らしかったです。
昨年、NF-3を弾いた時にも凄く欲しいと思いましたが、竹田さんが弾かれるのであの音なんだな…と思い知りました(笑)

まぁ経済的に買えないですが(笑)

なんだか、その日からなんとなく嬉しくて(笑)
妄想に耽っています(笑)

せめて、010~046弦のゲージを上げて、
011~049にしてみようかな…(笑)
 

あ、そうそう

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年 3月26日(水)06時39分17秒
  1番新しいテレキャスターにはCleartoneの011-049張りました。
良いです。
 

Kazさん

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年 3月26日(水)06時37分43秒
  JA-15もNF3もラウンド弦です。(JA-15はセミアコ的に解釈しています) D'addarriaoの011-049のセットです。 最近はこの同じミデイアムゲージにより甘いPure Nickelのセットが出ました、4,5,6が0.1細いのがちょっと嫌なんですが、気持ち的に(笑) フラットワウンドはひずませないフルアコに張ってます。 フィンガリングがとてもスムーズでやはり弾きやすいですね。 その時もD'addarrioの11-049ですがたまにGibsonの012-054も使います。こちらはちょっとPricyですが、、(笑)  

竹田さんお疲れ様です。弦は…

 投稿者:kaz  投稿日:2014年 3月25日(火)22時25分15秒
  JA-15はフラットワウンドを張ってらっしゃいます?

NF-3はラウンドワウンドとお見受け致しますが…

クリエイションニューアルバム楽しみにしてます。PVもみたいっす。
 

ないとほ--くさん

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2014年 1月24日(金)21時43分34秒
  どうもありがとうございました、クリエイションの新しいアルバム楽しみです。  

曲に酔って、、(笑)

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年 1月21日(火)20時42分43秒
  じゃなくて 曲により、、ですね。 でも曲に酔って、、もなかなかいいかな、、(笑)  

くいっくはんどさん

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2014年 1月21日(火)20時39分28秒
  アルバムJulietteで使ったギターは2本です。 PRSのJA-15 と同じくPRSのNF3というモデルです。 JA-15は薄めのフルアコで、NF3はソリッドギターです。 アンプはFenderとCrateを使いました。 エフェクトペダルは曲に酔って使い分けました。 OD、ブースター、Delayくらいです。
アコースティックは古いYamahaで録音しました。

それと、僕は基本的にエフェクトペダルはほとんど使いません。 アンプとギターのコンビネーションがメインです。 オーバードライブは曲に酔って使いますけど、特にライブではその他はほとんど使いません。
レコーデイングは色々試しながら音を作っていくのが逆に好きです。
次のCREATIONの新しいCDでもいろいろなギターサウンドのイメージが今、頭の中にあります。 ちなみにJULIETTEの1曲め、タイトル曲JULIETTEはNF3とFender Delux そしてODはSoundHiのTS9Modifiedです。
 

アルバム使用機材について

 投稿者:くいっくはんど  投稿日:2014年 1月17日(金)22時25分9秒
  アルバムジュリエットでのどのようなギタ-とアンプを使用されたのですか
曲によってちがうのでしょうか
それから最近アンプとギタ-との直での生音でプレイされることはありますか
 

Kazさん

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2013年 8月12日(月)19時41分12秒
  こちらこそ 宜しくお願いします!!  

Kazさん

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2013年 8月10日(土)06時47分9秒
  しばらく弾いていなかったギターを出してきて 調節しようとすると意外と弦高が現在のものと違っていたりすることもありますね。 自然に動いたとかは別にすると、 一年のなかで 個人でもすこしずつは変わっているのかも知れませんね。 勿論ネックの形や ギター自体の持った感じ、、などでも違いますしね。   KazさんがどのKazさんなのか今、FBをみてやっとわかりました。 FB以前は匿名がスタンダードの掲示板の世界でしたもね。   

弦高について

 投稿者:kaz  投稿日:2013年 8月 4日(日)09時37分2秒
  僕もフェンダー系だと1弦、2弦をチョーキングすると、指板のアールに捕まって、音が詰まるので、1弦、2弦は高めにしています。

基本はアールに合わせて1、6弦は低く、よりTOPに近い3、4弦は高めにセッティングするのが、正解みたいになってますが、それだと必ず音詰まりしますもんね。

自分が少し異常なのかと思ってましたが、
竹田さんもそういうセッティングと知り
少し安心しました(笑)

竹田さんが同じ理由でそういうセッティングしてるのかどうかはわかんないですけど(笑)

http://m.facebook.com/profile.php?id=100003198211797&_rdr

 

ギブソン スタジオさん

 投稿者:Kazuo Takeda  投稿日:2013年 6月21日(金)22時16分3秒
  好みもありますが 低すぎるとならないし、高すぎると弾き辛さやピッチの問題も出てくるかとも思いますが、、僕は1,2、弦は高めで 3,4弦は普通、、そして5,6、弦は若干低めにセットアップします。
あくまでも自分のスタイルですけどね。
 

弦高

 投稿者:ギブソンスタジオ  投稿日:2013年 6月19日(水)15時15分13秒
  ナイトホーク様
弦高は高く設定されているのでしょうか?
弦高の適正についてご教授いただきたく
お願い致します
 

ギターレッスンのお知らせ♪

 投稿者:Kazuo Takeda  投稿日:2013年 4月27日(土)08時50分17秒
  ギターレッスンのお知らせ♪  Private Guitar Lesson By Kazuo Takeda

6月の後半の週に少しフリータイムができましたので このあたりでギターレッスンを受け付けています。 都内および近郊に限られてしまいますが、少人数のグループでも個人レッスンでも可能です。  個人レッスンの場合、1時間程度、グループレッスンは2時間くらいを考えていますが、 東京都内のスタジオでということになりますが、基本的に時間、場所、内容などはご相談ください。

皆さんの現在もっともブラッシュアップしたいポイントなどを中心に、各スタイルのギター奏法に関してのアドバイス、音楽活動に関して、音の作り方、音楽理論、などなどビギナーから上級者まですべてのGuitar Lovers へ。参加ご希望の方はお早めににメールをください。

現在予定されるレッスン可能日   6月4,5,6、11,12,13 。そのほかの日もご相談に乗れる日があるとおもいます。

秋にはセミナー、レッスン会、などパターン化したイベントも考えていますが、その前に是非この機会を利用してみてください。 Taste the water !

時間、内容、参加費用などのご質問はぜひお気軽に,

eliotnescafe@gmail.com     こちらまでメールしてください。

竹田和夫


 

ツアースケジュール!

 投稿者:Office Zekoo  投稿日:2013年 4月 4日(木)08時12分14秒
  ツアー用のフライヤーができました。 なお、追加の特別企画ライブも現在準備進行中です。 こちらもあわせて宜しくお願いします。 By Kazuo Takeda Management Squad team "Office Zekoo "  

嬉しいです。

 投稿者:jun102  投稿日:2013年 4月 3日(水)19時38分48秒
  ナイトホーク様。
親指は見える方がやはり頼もしいですよね。
ベックのScatterbrainの最近の演奏でもガシっと親指がネックをつぶすように出ており
びっくりしました。私はリラックスできず右手も左手も不安定ですが、
ギターが好きなので40年も弾いてます。いろいろとありがとうございました。
またお邪魔します。
 

Jun102さん

 投稿者:ないとほーく  投稿日:2013年 3月31日(日)18時38分15秒
  あのJeff Beckの解説ビデオはなぜか巷で評判が悪くて 結構きついコメントが聞かれます。 そんなにひどいものじゃないと自分では思っているのですが、Beckのハードコアなファンの人の思い入れが強く、なにやら違うと思われているのでしょうね。 ところが僕の友人のギタリストで 長いことセッションマンをやっている男がいるのですが、この男が ほぼ絶対に人の事をほめないやつなんですね、、なんでそこまで徹底してるのか、、たまには良かったとかいえねえものか、、なんて 常に思っているようなやつですが、、まあ、とても善人なので付き合っていたのですが、、この男があのビデオをみて 珍しく というか初めて ほめたんですね、、凄くいいと。 まあ、彼がリトマス試験紙になるというわけじゃないのですが、それほど、いいといわない男が凄くよかったというなら 批判的な意見が多いとしても なんかそれにはわけがあるのじゃないかと思えるわけです。 今も別にそれほど批判される内容とは思っていないのですが、、まあ、ああいったものは難しいですね。 僕には向いていないのでしょうね。 もちろん 他人の奏法解説などは今後一切やりませんけどね。 懲りました、、

あ、親指の話ですね。 僕の好きなギタリストも Rock,Jazzなど、ジャンル問わず、皆 親指見えています。(笑)
 

ありがとうございます。

 投稿者:jun102  投稿日:2013年 3月26日(火)19時58分0秒
  そういえば、ナイロンとセルロイドの違いはかなりあるとかそういう話もあった記憶が!
巨匠達の言う困ったときの最後の一言って、外人は当然ですが、ナイトホークさんも
そうですか?右手もそうですが、私はHPの左手のナイトホークさんの親指の位置に色気を
感じます。ギタリストパーフェクトガイドのジェフズ・ブギーのネックにかける親指も
これがロックなんだな~と思います。
 

レンタル掲示板
/6